♪♪♪ Hawaii だより ♪♪♪

Alooooooooooooha!! (^o^)/ ようこそお出でくださいました!
ハワイイ州-オアフ島・ホノルルに住み、スラッキー・ギターを爪弾いております。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 2009*09*24 マウナルア@モナーク・ルーム | main | クパアイナで >>

2009*09*26 ウィンワード・ホオラウレア<<その1>>

ウィンワード・ホオラウレア が今年も開催されました。
エンターテイメントはもちろんのこと、フード・ブース、クラフト、サイレント・オークション、
子供用のゲームやアート・ペイントなど、家族で楽しめる企画が盛りだくさんの楽しいイヴェントです。

ジョン・クルーズの名盤『アコースティック・ソウル』に収められている
『アイランド・スタイル』でも「♪僕らはいつでもアイランド・スタイル、
ウィンワード・サイドからリーワード・サイドまで...」と歌われています。
“風上側から風下側まで”、つまり島全体で、ということです。

オアフ島のウィンワード・サイドつまり風上側は、
吹いてくるトレード・ウィンドを受ける側、つまり
ライエ辺りからワイマナロ辺りまでの島の北東側を意味しますが
特にカイルア、カネオヘ地域のことを指す場合が多いです。

会場であるウィンワード・コミュニティ・カレッジ ( WCC ) も
ショッピング・モールであるウィンワード・モールも、カネオヘにあります。

クパアイナ も出演なので、朝から出発です!




ハイウェイに乗る手前で、マイケル・ジャクソン発見!!
しかもオーガニック・フードのお店『コクア・マーケット』の壁で。
すごい組合せだなぁ.....。
何語で、なんて書いてあるでしょうねぇ。



会場のWCC。あれ、スカスカ.....と、言うなかれ。カンカン照りの日向ですから〜。おてんき
画面の外側の木陰などにはお客さまがギッシリです。
日が陰ってくるにつれて、どんどん移動してステージ前が埋まっていきます。



ハワイイのイベントで好きな点は、こういうところ!楽しいグッド
クプナ ( 60歳以上の方々 ) のために、ステージ正面の一番良い場所にテントが設置してあります。
テーブルと椅子も並べられ、日陰で座って楽しんでいただこうという配慮。素晴らしい!拍手
シルバーシートで寝たふりする人に、この精神を思い出してほしい。



『ケアヒヴァイ』『マイティー・J 』を経て、ついにソロ・デビューを果たしたマイラニちゃん。
久しぶりに生ライヴを楽しみました。カワイイ〜 ラブラブ

あの特徴的なコブシは控えめだったけど、やっぱり上手です!聴き惚れてしまいました〜ぴかぴか
美しい歌声にうっとりして、気が付けばニヤけてました、私。

ベースになんとショーン・イシモト!
ベースもすごいけど、コーラスもまた非常に美しい!この人は本当に多才。
ウクレレはジェイク・シマブクロのウクレレの先生でもあるトレイシー!ひえ〜 きゃー 超強力サポート!



テンポのいい曲に合わせて、子供たちも踊りまくっています。
向こうにあるのはキッズ用ロック・クライミングの壁。
大人気で他の乗り物にも増して長蛇の列でした。

ハワイイ・ロアの次は、クパアイナ〜!↓


踊る人 続出〜!フィーバー でも日向だから写ってな〜い。




今年のナー・ホクでも『最優秀プロミッシング・アーティスト賞』受賞の実力派デュオ、クーパオア
美しいハーモニーで大好きです。さかなの骨アク・ボーンさかなの骨 でもお馴染み。
あまりに心地良いステージで聴き惚れていたら、うっかり写真撮り損ねました汗
ステージ後に一緒に撮っていただきました。えへへ〜
ベースのリーハウは、アレアのベーシスト、カレのお姉さんです。

<< その2に続きます >>

ハワイアン・ミュージック Hawaiian Music | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://meipala25642.jugem.jp/trackback/224
この記事に対するトラックバック